マルチクライアントレポート

=2013年=

2013年版『プリンタ/MFPの中国における販売チャネル戦略、消耗品戦略、市場現状と将来分析』 サマリー 

=政治体制が新体制に移行したものの経済成長の鈍化が著しく目立っている中国市場ではあるが、潜在的には西部の地域などの未だ開拓の余地のある大きな市場であることには変わりはなく、今後も注視すべき市場である。

プリンタ、MFPともに、中国での販売チャネル構造と規模別のユーザー層との相関関係、中国におけるネット通販チャネルによるプリンタ本体や消耗品の販売状況、また、世界的には減少傾向にあるとされる出力ボリューム増大の将来的な潜在性の分析など、多方面からの分析が必要である。

また、方式別では2013年から本格化する税法改正によるSIDM市場の変化、中国国産レーザープリンタ/MFPの中国市場での政府によるテコ入れの動きなど、省エネ補助金制度のプリンタ、MFPへ対象拡大の動きなども注目される。

本レポートではプリンタ/MFP、複写機、さらにはPOD、LFP、FAXメーカー各社の現地での販売チャネルの現状の問題点と改善策、戦略、消耗品事業戦略はどのようになっているのか、予測を含めて詳細に調査・報告する=

2013年版『産業用インクジェット関連商品市場とその将来性分析  サマリー 

=インクジェットテクノロジは紙をプリント媒体とした「プリンタ」から、2013年段階においては応用開発分野へそのテクノロジを転換させているメーカーが多い。同レポートにおいては、主要アプリケーションによる市場と将来性を明確にしていくと共に、採用されているインクヘッド/インク(材料)といった部材メーカーとしての取り組みや市場性も平行して調査・検証していくものである=

2013年版『インクジェット関連商品とその消耗品の市場動向調査・分析』          サマリー 

2013年版『プリンタ/MFPのインド市場における販売戦略、消耗品戦略、市場現状と将来分析』 サマリー 

2013年版トナーカートリッジ市場分析レポート〜海外市場/全世界市場編〜        サマリー 

※いずれの資料も調査内容や詳細など、質問、要望などございましたら遠慮なくお申し出下さい。前向きに検討いたします

このウィンドウを閉じる